プロトーナメントも開催された中峰ゴルフ倶楽部

新潟県新発田市で1993年から営業を行っているゴルフ場が、中峰ゴルフ倶楽部です。
後発のゴルフ場ながら、プロトーナメントが開催されており、高い評価を受けているコースとなります。
また女性が訪れやすいように積極的にサービスを展開しているのも特徴で、小林光昭氏が18ホールの設計を担当しました。

バックティーから打った場合の距離は7023ヤードであり、かなりの長距離コースです。
丘陵地帯に作られていますが、高低差はほとんどありません。

フラットに仕上がっているので、フェアウェイから打ちやすくなっています。
しかし、フェアウェイはそれほど広くはなく、ラフが多めです。

ホールの途中で角度が変わる、ドッグレッグも多いので、飛距離に加え、コントロール技術も重要になってくるでしょう。
このコースは障害物を多く配置して難易度を上げているので、バンカーが非常に多めです。

3番、6番ホールはバンカーが少なめですが、他は軒並み多数のバンカーが配置されています。
2番、11番、13番ホールでは巨大なバンカーがあり、一度捕まると打数が嵩むことも珍しくありません。

フェアウェイにもサイドバンカーが多く配置されています。
池も多めで、3番、6番、18番ホールはフェアウェイのすぐ横に配置されているので注意が必要でしょう。

17番ホールはティーによっては池越えスタートであり、面積の半分以上が池である難所です。
グリーンを始めとしたコースのコンディションは良好となっています。

利用料金はやや高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ