潮来カントリー倶楽部はゴルフ場自らが高級志向であると表明している

潮来カントリー倶楽部は茨城県潮来市で1987年より営業を行っているゴルフ場で、高級志向を持って運営しているとゴルフ場自ら謳っています。
9ホール構成の3コースを備えているのが特徴です。
大久保昌氏が設計を担当しました。
林が多い丘陵地帯に作られており、丘陵コースと林間コースの両方の特徴を持っています。

木々により仕切られているので、他の組の状態にあまり影響されません。
高低差はありますが、プレーに影響を与える程ではないでしょう。

最も距離が長いという特徴がある、アウトコースと呼ばれている9ホールがあります。
バンカーが非常に多く、特に3番ホールはフェアウェイ横からグリーンの傍までバンカーが続いており、難易度が高めです。

池が終始登場するのも特徴となります。
インコースと呼ばれている9ホールは障害物が多めであり、高いコントロール技術が必要です。

最終ホールはフェアウェイ横、グリーン周りに池が配置されており、飛ばし過ぎるとペナルティに繋がります。

そして、Southコースと呼ばれている9ホールは最も距離が短いですが、途中で角度が変わるレイアウトが多めであり、扱えるクラブの数、技術が物を言うコースです。

バンカーはそれほど多くはありません。
池が多く見られ、池越えスタートの5番、6番、フェアウェイ横に池がある9番ホールは難易度が高めです。

高級志向が売りのためか、やや高めの値段設定になっています。
グリーンを始めとした芝のコンディションは良好であると評判です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ