メンバーシップ制を強く押し出している長南カントリークラブ

千葉県長生郡長南町で、1978年より営業を行っているゴルフ場が長南カントリークラブです。
パブリック制を採用しており、すぐ近くにある長南パブリックコースは姉妹コースとなっています。
長南カントリークラブは、メンバーシップ制にこだわって運営されているゴルフ場です。
安田幸吉氏、川村四郎氏が18ホールの設計に携わりました。

山並みが美しい丘陵地帯に設計されていますが、プレーをすると高低差はあまり感じません。
18ホールの距離は6843ヤードです。

自然が多く残っており、木々により各ホールは仕切られています。
途中で角度が大きく変わるドッグレッグは、殆ど見られません。

ティーグラウンドからグリーンまで真っ直ぐで、角度が変わらないことが多いので、基本的には素直に打っていくこととなります。
このコースはほどよく障害物を配置されていて難易度を適度に上げており、特にバンカーは多めです。

終始バンカーが登場しますが、3番ホールにあるバンカーは一際大きく、6番、7番、8番ホールはバンカーの数が特に多めとなっています。

池も多く配置されていますが、殆どはプレーヤーが飛ばそうとする方向にはありません。
大きなミスショットを行わない限り池に落ちる心配はないですが、4番ホールは別です。

ここは池越えスタートの名物ホールであり、池にボールが落ちる可能性は高めとなっています。
全体的にはオーソドックスな作りであり、練習には打ってつけです。

利用料金はやや高めに設定されているものの、コースのコンディション、接客を始めとしたサービス面は概ね高評価を得ています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ