富澤誠造氏が27ホールの設計を担当した、鶴カントリー倶楽部

1977年、栃木県宇都宮市に開場したゴルフ場が鶴カントリー倶楽部です。
「鶴カントリー倶楽部 宇都宮コース」と表記されることもあります。
東北自動車道の宇都宮インターチェンジから近く、自動車を利用出来る方ならアクセスしやすいゴルフ場です。
9ホール構成の3コースを所有しています。

富澤誠造氏が設計を担当しました。
自然が多く残っており、木々により殆どのホールが仕切られています。

東コースと呼ばれている9ホールは、差は僅かではありますが、距離が最も短いのが特徴です。
フェアウェイは広いところもありますが、全体的にはラフの面積が広くなっています。

また、池は全くありません。
バンカーは満遍なく配置されていますが、際立って多くはないです。

中コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長く、フェアウェイも広めとなっています。
バンカーは多めに配置されており、2番、5番、8番ホールはバンカーが多いだけでなく、大きいという特徴も持つ難所です。

池は少ないながらも配置されており、ティーショットが池越えの形になっているところもあります。
西コースと呼ばれている9ホールはフェアウェイが狭めであり、また曲がりくねっているのが特徴です。

障害物の数は少なめとなっています。
しかし、バンカーは大きめであり、特に7番ホールは注意が必要です。

池が配置されているのは一箇所だけとなっています。
利用料金はそれほど高くはありません。

また、前日に宿泊してからラウンドするプランも用意されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ