渡良瀬遊水地の近くにある、渡良瀬カントリークラブ

渡良瀬カントリークラブは、栃木県下都賀郡藤岡町で1991年より営業を行っているゴルフ場です。
渡良瀬川に作られた渡良瀬遊水地の近くに作られており、池が非常に多く見られるという特徴があります。
田口英夫氏が18ホールの設計を担当しました。

河川敷コースと分類されていることがありますが、フラットではありません。
多少のアップダウンがあります。

しかし、プレーに大きく影響を与えるほどではありません。
バックティーからの距離は6613ヤードであり、平均よりやや短めです。

池の多いアメリカンスタイルを踏襲しており、渡良瀬カントリークラブ内には池が非常に多くあります。
池がホール内に見当たらないことの方が少なく、池の総数は全部で22個です。

終始フェアウェイの横に池が見られ、常に打ち込んだらペナルティという状況でショットを打つこととなります。
その為、テクニックが重要なのは勿論のことですが、プレッシャーがかかった中でも実力を出し切れるか、平常心を保てるかがが鍵です。

他にゴルフでは定番のバンカーも配置されています。
バンカーは数こそ平均的な数字ですが、一個一個の面積が大きめです。

バンカーはグリーン周りに集中しておらず、フェアウェイにも満遍なく配置されています。
ティーショットの時点で高い集中力を求められる作りです。

栃木県内にあるゴルフ場ですが、その中で最も東京に近いという特徴があります。
北関東は勿論のこと、都心からもアクセスし易いコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ