セルフプレーのみで営業されている東都秩父カントリー倶楽部

1975年、埼玉県秩父市に開場したゴルフ場が東都秩父カントリー倶楽部で、かつて女子プロツアーの舞台になったこともあります。
秩父連山に囲まれたコースであり、遠くに望む山々の稜線が景観の面での見所です。
設計は建設会社と、中村寅吉氏が携わりました。
バックティーから打った場合の距離は6718ヤードと、それほど長くはありません。

木々が多いので、完全にではありませんが仕切られているホールが多めです。
丘陵地帯に作られているので高低差はあるものの、フェアウェイも広めに設定されているので打ちやすいコースです。

とはいえ、バンカーの数が多く、また大きめですので、スコアアップを狙うと難しくなります。

特に6番、9番、12番、15番ホールは、池はありませんがバンカーの割合が多めとなっています。
障害物も厄介な敵ですが、このコースで最も手強いのは途中で角度が大きく変わる、ドッグレッグと呼ばれているホールが多めだという点です。

4番、13番、18番はドッグレッグであり、途中で角度が変わるという性質上、ティーショットをどう打っていいか分かりづらくなっています。
一番角度が大きく変わるのは8番ホールであり、一度左に曲がってから、グリーン手前で右に曲がる難ホールです。

またグリーンに乗せても安心することは出来ません。
このコースはグリーンが難しいという声が多く聞かれ、最後にスコアを崩すことも多くあります。

セルフプレーのみで運営されているので、レストランを始めとした施設はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ