南長野ゴルフ倶楽部は標高1000メートルのところにあるリゾートコース

長野県長野市で1987年より営業を行っているゴルフ場が南長野ゴルフ倶楽部で、標高1000メートルと非常に高い位置にあるリゾートコースとなります。
倉上俊治氏が18ホールの設計を担当しました。
楽しむためのプレーに特化しており、難易度を高める要素を少なくしているのが特徴です。

まず林間地帯に作られた18ホールはフラットであり、高低差がほとんどありません。
フェアウェイも広めに作られており、キープが容易です。

各ホールの間はカラマツを始めとしたさまざまな種類の木々で仕切られており、他のホールの様子を気にすることなくプレーが可能となっています。
グリーンまではさすがに無理ですが、ティーグラウンドの時点で第一打を落とすポイントを目視出来るのも嬉しいポイントです。

グリーンには、フェアウェイから繋がるように花道が設置されています。
これらの特徴を持っており、6980ヤードと非常に長いので、一打目から思い切って振っていけるコースといえるでしょう。

ティーを変えればパワーのあまりない方や、女性の方でも好スコアが期待出来ます。
全体的に易しく作られているものの、池やバンカーといった障害物はあるので、障害物に引っかからないかがポイントです。

3番、17番は池とバンカーがともにグリーンの周囲にあり、難易度が高めとなっています。
グリーンを始めとしたコースのコンディションも良好です。

夏場は涼しくプレーできますが、逆に冬場は寒くなります。
冬季はクローズですので、その直前にプレーする場合は寒さに気をつけて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ