日本海沿いにあり、27ホールを所有している日本海カントリークラブ

日本海カントリークラブは、新潟県胎内市で1973年より営業しているゴルフ場です。
9ホール構成の3コース、計27ホールを持っているのが特徴であり、大久保昌氏が設計を担当しました。
日本海のすぐそばにあるゴルフ場なので、景観の面での見所は海となります。

また、シーサイドコースならではの特徴として風が強く吹くことがあるので、特にグリーンに向かって緩やかなボールを打つ時には注意が必要です。
西コースと呼ばれている9ホールは最も短いですが、さまざまな技術が必要になります。

大きめのバンカーを避ける技術、大きな池があっても動じない精神力、狭いフェアウェイに正確に落とすテクニック等、ゴルフで必要な技術を全て使わないと攻略が難しい構成と言えるでしょう。

中コースと呼ばれている9ホールは最も距離がありますが、一方でバンカーが特に多いコースでもあります。
それが顕著なのが3番ホールであり、グリーン周りは大きなバンカーが多数存在する危険地帯です。

ここと比べればやや小さめですが、7番もグリーン周りにバンカーが多数あり、難易度は高めとなっています。
東コースと呼ばれている9ホールは、バンカーはそれほど多くありません。

代わりに、池が非常に多く有るのが特徴で、特に3番はグリーンを取り囲むように池が配置されているショートホールであり、打ち損じた時のデメリットが大きいです。

利用料金はそこまで安くも高くもなく、平均的な数字です。
グリーンを始めとした芝の状態は非常に良好となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ