函館ゴルフ倶楽部は北海道で作られた最古のゴルフ場

「函館ゴルフ倶楽部 湯の川ゴルフ場」という名前で呼ばれることもある、函館ゴルフ倶楽部が北海道函館市に開場したのは、1927年のことです。
北海道初のゴルフ場として知られており、設計は赤星四郎氏が担当しています。
コースは9ホールしかなく、ティーとグリーンを変えて2回ラウンドして18ホールを体験するという形になっていますが、易しいコースではありません。

後にさまざまなコース設計を担当した赤星四郎氏が初期に手がけた9ホールはアップダウンがあり、初心者の方にとっては打ちにくくなっています。
グリーン周りには守るようにガードバンカーが配置されているので、これをどう避けるかがスコアアップの為の鍵です。

またグリーンは流れが読み辛く、難易度が高くなっています。

日本では主流である2グリーン制を採用しており、2ラウンドで回る場合にはどちらも使用することとなりますので、パッティングで同じような状況にはなりません。

毎回新鮮な気持ちでプレーすることが可能です。
池は3番ホールの途中に見られるだけであり、他のホールでは皆無です。

ボリュームこそやや劣りますが、名門の風格を漂わせている、歴史のあるゴルフ場となっています。
コースは勿論のこと、クラブハウスなども歴史を感じさせる作りですので必見です。

函館市内から近いところにあり、アクセス面でも優れています。
それでいて、函館市内や津軽海峡を見渡すことが可能です。
景観の面でも非常に優れたゴルフ場と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ