箱根湯の花ゴルフ場はセルフプレーに特化したゴルフ場

箱根湯の花ゴルフ場は、神奈川県足柄下郡箱根町で1952年より営業を行っています。
神奈川県内で四番目に出来た、由緒あるゴルフ場です。
大谷光明氏、朝香鳩彦氏の共同設計による18ホールの距離は、6318ヤードとなっています。
後に長距離コースがどんどん増えていったこともあり、かなり短めの数字です。

その為かパーが72ではなく、71に設定されています。
2009年より、このゴルフ場ではセルフプレーのみで営業を行っているのです。

短いという特性が影響を与えた可能性は高いでしょう。
キャディさんがいないので、全て利用者が判断を行う必要があり、セルフプレーに慣れていない方は苦労することとなります。

ですので、利用したことがない場合は事前のコースのチェックは欠かせません。
コース内には池やバンカーといった定番の障害物はあります。

しかし、どちらも数はさほど多くないので、障害物で悩まされる可能性は低いでしょう。
高低差は若干ありますが、極端にあるわけではないので距離感で苦労することもあまりありません。

やはり、短めであるという点がコースにも表れており、フェアウェイが特に顕著です。
フェアウェイが狭めに設定されているので、プレーヤーはどれだけ正確なショットを、自身の判断で打てるかが鍵となります。

箱根湯の花温泉ホテルに隣接しているので、泊まりがけでのプレー、旅行の序でのプレーに向いているゴルフ場です。
高所にあり、避暑地としての一面も持っていますので、冬場は寒さ対策が必須となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ