尾道うずしおカントリークラブは瀬戸内海を見渡せるゴルフ場

尾道うずしおカントリークラブは、1985年広島県尾道市に開場したゴルフ場です。
18ホールを含めた敷地内からは、南に瀬戸内海を望むことが可能となっています。
北には山々があり、海と山の両方の景観を楽しむことが出来る贅沢なゴルフ場です。
海の近くにあるので暖かい風が吹き、温暖な気候の中で回ることが出来ます。

18ホールはあまり高低差がないので、初心者の方でも安心です。
基本的にはフラットとなっているのですが、所々に打ち上げがあり、初心者の方が苦戦するとすればこの辺りでしょう。

やや曲がった作りになっているホールはあるものの、ティーグラウンドからグリーンが見えないようになっている、ブラインドホールはありません。
池が数カ所あり、ティーショットが池越えになっているホールもあります。

バンカーは基本通り、グリーン周りに集中して配置されており、アプローチの技術とバンカーに捕まった際の対処がスコアメイクの鍵です。
高麗芝が植えられたグリーンは流れが読みづらく、パッティングの難易度は高めになっています。

6579ヤードと距離はあまりないですが、多彩な仕掛けがあり、さまざまなレベルの方が楽しめるコースです。
アクセス面では、高速道路、新幹線、空港と多くの手段で移動することが可能となっています。

利用料金はやや高めに設定されていますが、アクセスの容易さを鑑みれば許容範囲に収まっています。
フェアウェイやグリーンといったコースのメンテナンスも悪くはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ