シーダーヒルズカントリークラブの13番ホールはバンカー14個

シーダーヒルズカントリークラブにはベントグリーンと高麗グリーンの異なる芝からなる2つのコースがあります。
どちらも18ホール、パー72で、総距離はベントグリーンは6685ヤード、高麗グリーンは6274ヤードあります。
プレーはメンバー、ビジターどちらでも行うことができ、WEB上で3か月前から予約することができますので、コンペなどの計画も立てやすいゴルフ場です。

ただし、このクラブはメンバーコースになっていますので、ビジターが利用するにはメンバー同伴が必要です。
また、ドレスコードとして男性は必ず上着の着用が必要で、Tシャツ、ジーンズも禁止、履物もサンダル、スニーカーは禁止となっています。

さらにオーバーシャツも良い印象を与えません。
コースは全般的にフラットな形状に設計されています。

周辺の風景との調和を考えたコース設計で、フェアウェイが広いので、ストレスなくプレイができるといわれています。
しかし、13番に限ってはミドルホールでありながら14個のバンカーが作られており、唯一といっていいほど難しいホールです。

施設は岐阜県関市にありますので、アクセス方法として一般的なのは車の利用で、JR高山本線の鵜沼又は美濃太田駅からタクシーを利用することができます。

自家用車の場合、東海北陸自動車道からは美濃インターチェンジで降りるのが便利です。
東海環状自動車道からは富加関インターチェンジから県道58号を利用してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ