まるで南国のリゾートを思わせるサンセットヒルズカントリークラブ

サンセットヒルズカントリークラブは、愛媛県松山市の瀬戸内海を眼下に見おろす丘陵に広がるリゾートコースです。
南欧風に造られたクラブハウスもあり、まるで南国のリゾートにいるかのような気分を味わうことができるでしょう。
コース設計は名匠鈴木正一氏が担当しています。

アクセスは、車を利用の場合、松山自動車道の松山ICを下りて今治方面に約45分、今治小松自動車道の湯之浦ICからは約50分になります。

JR松山駅より車で約30分と電車でのアクセスも便利です。
各ホールには、地元にゆかりのある植物の名がつけられているのもとてもユニークです。

4番のマツは、見晴らしのよい打ちおろしのショートホールで、風の影響を受けやすいので、風の読みがカギとなるホールです。
14番のサルスベリは、コース一番の距離があるロングホールです。

フェアウェイが広いので、思い切ってショットが打てるホールになっています。
18番のサクラは、最も戦略性が求められるミドルホールです。

狭くなっているフェアウェイに第1打をどう運ぶかが重要となり、得意なクラブで正確なショットを心がけたいホールになります。

格調高いホスピタリティが、ゴルファーたちを心から満足させてくれるコースです。
南欧風に造られたクラブハウス内もゴージャスな造りになっており、まるで異国にいるかのような気分を味わうことができるでしょう。

レストランや大浴場をはじめとする施設も大変に充実しており、プレイヤーたちを満足させてくれるに違いありません。
コースから望む瀬戸内海の夕日は絶景です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ