スタンレーレディスゴルフトーナメントのツアーとコース特徴

スタンレーレディスゴルフトーナメントは毎年10月に2週にかけて行われます。
自動車機器及び電子機器の製造および販売を手がけるスタンレー電気が、スタンレーレディスゴルフトーナメントの主催となります。
日本女子プロゴルフ協会公認の、女子プロゴルフトーナメントです。

2013年現在において、スタンレーレディスゴルフトーナメントの賞金総額は9000万円、優勝賞金については1620万円となります。
当大会の歴史を見ていくと、1980年にスタートしました。

90年台半ばにおいて一時中断した後、その後2003年に再開されました。
開催場所は、静岡県裾野市の東名カントリークラブです。

東名カントリークラブについて見ていくと、富士の望む場所に位置する、27ホールで構成されるコースとなっています。
東京からのアクセスは東名高速利用で約80分かかります。

全体として、富士の裾野を生かしたゴルフコースとなり、 そのうち、愛鷹、裾野、桃園といった各コースは、どれもみな広々とした設計にです。
加えて、四季折々の富士の自然美を満喫することができるので、ゆったりと快適なプレーを楽しむ方におすすめです。

実際にプレーした人の意見を見ていくと、コースメンテが良く、練習場も充実しているという声が聞かれます。
マスター室の対応などについても、柔軟にリクエストに応えくれるコースです。

フェアウェイおよびグリーンについては状態が良く距離も十分、コースレイアウトもダイナミックであり、比較的難しいコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ