KKT杯バンテリンレディスオープンは熊本県で行われるゴルフトーナメント

KKT杯バンテリンレディスオープンは、株式会社熊本県民テレビが主催の女子プロゴルフトーナメントです。
特別協賛は興和株式会社、熊本県をはじめたくさんの団体が後援しています。
賞金総額は6千万円、優勝賞金は千8十万円で、出場選手は100名前後が参加します。
前売り券は5枚綴りで4,000円、チケットぴあなどで販売されています。

当日券は会場で購入可能です。

1988年に「マルコー中央レディスゴルフトーナメント」という名前で開催された同トーナメントは、翌1989年よりマルコレディースに名称が変更となりました。

その後1992年には「再春館レディース」と解消、その後「ライフ」、「ライフカードレディスゴルフトーナメント」と改称を経て、2013年に現在の名前で開催されました。

ちなみに2011年には東日本大震災の復興支援を目的として「心をひとつに 西陣レディスクラシックー東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティー」という名称で開催されました。

会場もいくつか変更になっていますが、1996年から熊本空港カントリークラブで行われています。
フラットな地形に設計されたこちらのコースは、起伏はあまりないものの距離が長く、グリーン周りはバンカーで囲まれているのが特徴。

コントロールはしやすいものの飛距離が要される上、コースによってアプローチ方法が異なりますので、それぞれ注意してプレーする必要があるでしょう。

戦略性に富んだコースが人気で、リピーターが多いことでも知られています。
トーナメントが行われているコースでのプレーというだけでもかなりの満足感が得られるようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ