1打目でグリーンに乗るワンオンを狙うことでのハイスコア

ワンオンとは、1打目でグリーンに乗ることを言います。
ちなみにゴルフにおいての「グリーン」とは何を指すのかと言うと、カップ周辺のきめ細やかに整えられた芝のエリアのことを言います。
ゴルフはいかに少ない打数でカップにボールを落とすのかを競うので、早い段階でカップ周辺を目指さなければいけません。

特にショートホールでは2打でカップインできる基準で作られているので、1打目でワンオンを狙うことでスコアを伸ばすことが可能になります。

そのため、ロングホールと比較しても攻め方などが異なっており、コースによっては間に池や林などが設置されている場合などもあるので、力加減や風力などの状況によっては、グリーンに乗ることなくウォーターハザードや林の中にボールが入ってしまう場合などがあります。

ロングホールの場合には1打目でグリーンに乗ることは難しく、道中を少ない打数で目指す事が攻略の鍵になっています。
これによって、グリーンにボールが乗ることをナイスオンと呼んでおります。

ちなみに「オン」とは、グリーンに乗ることを指す言葉です。

ゴルフ場によってはワンオンチャレンジと呼ばれるイベントが行われており、これは指定のショートホールにて1打目でグリーンにボールが乗ることを競うゲームになります。

全てのコースを回ることなくショートホールだけでゲームを進めるので、気軽に参加できるイベントであり、ゲームの内容もカップ周辺に乗ることだけを目指すので、多くのゴルフ場では気軽に行えるイベントとして商品などが用意されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ