ライ角度とゴルフクラブとの関係性と飛距離

ライ角度とはゴルフクラブにおける数値の一つで、ゴルフクラブを構えた際に地面とシャフトとの角度のことを意味します。
これによって、クラブヘッドの角度が決定され、フェイスと呼ばれるボールを打ち出す面の角度を調節することができます。
測定方法としては、ゴルフショップや専門店などに設置されているヘッドスペック測定器を使うことで測定が可能です。

スイングの構えなどもプレイヤーそれぞれに異なっているので、自分にあった角度を見つけることが、良いプレーを行う条件になります。

また、ライ角度以外にもシャフトとクラブヘッドの角度を決定するロフト角なども存在しており、ライ角度はシャフトの角度を決定する要素になるので、これが決まらない限りはロフト角も決めることができないわけです。

また、ゴルフクラブの数値はメーカーが商品に対して表示を行っているので、角度を事前に知ることは可能ですが、この数値は必ずしも正しいとは言えません。

その理由としては、製造工程において個体差が生まれてしまうので、メーカーが表示する数値は、この数値を想定して作成を行った目安にしか過ぎないからです。

そのため、ゴルフクラブを購入する場合には、様々な商品を見比べてヘッドスペック測定器を使うことで、実際の数値を知るということが重要になります。

また、自分にあった数値も知る必要があり、このような選択を行うことで、自分にあったゴルフクラブを選び、最適なプレーを行うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ