グリーンを超えてしまうホームランが発生してしまう理由

ゴルフにおけるホームランとは、ボールがグリーンを超えてしまうことを指します。
グリーンはカップ周辺のきめ細やかな整えられた芝のエリアであり、ゴルフの目的としてもグリーンに乗ってからカップインを行うので、グリーンを超えてしまうことはスコアを落としてしまう原因になります。
主にバンカーショットで起こりうるトラブルであり、グリーン手前のバンカーにはまってしまった場合には、ホームランを引き起こす可能性があります。

バンカーは砂地で構成されたゴルフコースにおける障害物の一つであり、簡単に抜けだすことが難しいエリアです。

乾燥している場合などには砂が埋まりやすく、ショットの度に砂に埋まる場合もある為、スコアにも大きな悪影響を与えますし、早期に抜けたいというプレイヤーの心理にも影響を与えてしまいます。

砂地のエリアではボールが固定されないことから、バンカーを抜け出すバンカーショットの力加減の調節がわからなくなってしまう傾向があり、力いっぱいフルスイングを行うことで、バンカーから抜けだしてグリーンを超えてしまうこともあれば、ゴルフヘッドとの角度の問題から更に砂に埋もれてしまう場合などもあります。

そのため、バンカーにボールが落ちた場合にはテクニック等も必要となり、効率のいい抜け方を身につけることで、砂地に落ちた場合のトラブルに対処すると同時に丁度いい力加減でグリーンを目指すことが可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ