会員ではなくても誰にでも開かれている、パブリックコース

パブリックコースとは、誰にでも開かれているコースのことで、すべての人がプレーすることができます。
ゴルフ場はかつては会員権というものが重視されていて、会員しかプレーできないようになっていました。
または、プレーヤーの中に会員がいないのならば、楽しむことはできないコースが多くありました。
これとは対照的にパブリックコースとは、誰でもビジターとして楽しむことができます。

ただしその料金というのは違いがあって、ビジターの場合は高くなってしまうことが一般的です。

かつては、ビジターではプレーすることさえできなかった場所も、バブル崩壊後以降に会員権のあり方が変わってきて、会員限定としているようなゴルフ場は少なくなってきましたので、プレーするのに会員権がないとどうしようもないという状況は変わってきました。

さらに今はパブリックコースということをゴルフ場の名前に付けることによって、誰でも使えるということをアピールする事もあります。

パブリックという言葉が付くと、非常に安心感があり、お金をかけていられないプレーヤーにとっては、魅力になるのです。

またゴルフ場の会員になるには、非常に厳しい審査を受けて了承を得なくてはならないということがあり、実際に保っている人というのは少なくなっています。

だからこそ、ゴルフ人口が増えるに従って、こういった誰にでも開かれているコースというのは利用者が多くなり、さらに増えていくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ