距離感を表す、タッチはストロークの大きさで変える

グリーン上では、パッティングによってカップを狙うことになります。
その時重要となるのが、カップへの距離感と方向性ですが、タッチというのはこの距離感を指します。
「タッチが合っている」 などと使います。
また方向だけが合っているときは、ラインに乗っているという表現をして、この二つが合わさることで絶妙なパッティングと言えるでしょう。

そして、この距離感はパッティングの独特な方法で出すことになります。
パターを使って行うことになるのですが、一般的にはストロークの振り幅を変えることによって距離を変えるのが普通です。

トッププロであってもそれは同じであり、正しい距離感を出すためには、適切なストロークが必要となります。
そのときに絶対にやってはいけないことは、手首の力を使ってしまうやり方です。

手首を返すなり反発させることによって、距離が変わってきてしまいますし、何よりもストロークとは違って、常に一定の割合で手首を返すというのは極めて難易度が高くなります。

この方法を使ってしまったら、パットには絶対に必要な一定のタッチが達成できなくなってしまいます。
パターを扱うときは、手首を固めるくらいのイメージで余分な動きをさせないことが大切です。

アマチュアゴルファーの場合は特に手首を使ってしまうために、一定の距離感を出せないということがしばしば起こります。

そのときは手首を動かさないようにして、ストロークと距離の関係を練習で覚えてそれを実戦してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ