すべての基礎となるスタンダードなグリップ、オーバーラッピング

オーバーラッピングとは、ゴルフクラブのグリップの握り方の一つです。
握り方は、まず左手の親指を伸ばして握ります。
右手を左手の上側になるように、そして右手の小指が、左手の人さし指と中指の間にくるようにするような持ち方です。
また小指の位置ですが、置くようにする人もいれば差し込むようにする人もいます。

代表的なグリップとしてはもう一つインターロッキングというものがありますが、これは指を完全に固定させるもので、人によっての違いはありません。

ゴルフクラブのグリップは持ち方一つとは言え、かなり特性が出てしまいますので、どれが合っているかということは人によって違いがあります。

例えばインターロッキングは握力がない人に向いているとよく言われていますが、実際にオーバーラッピングをしたとしてもそれほど感覚は違わず、握力がないからこの握り方はできないということはありません。

絶対的に必要なのは、グリップをしたときにしっくりとくることです。
またクラブの操作性がどうなっているか。
この2点に絞って考えた方が、より良いスイングのためのグリップを作ることができます。

ただし握り方としては、今はこのオーバーラッピングの方が一般的になっていて、多くのプロが採用しています。

またプロのみならず、アマチュアゴルファーであってもこれを採用している人が多いことから、まずはこのグリップを基本として、他の持ち方も、それからいろいろと試してみるということが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ