わずかな動きがスイングの正否を決定する、アンコック

ゴルフのスイングのときに手首を曲げることをコックと言いますが、逆にほどくときはアンコックと表現されます。
これはスイングのときに非常に重要になってきて、テイクバックのときには手首を曲げますが、それをいつ戻して、いかにスイングのときの力に変えるか、それは正しいスイングに必要な要素です。

そしてこれが正確にできなければ、クラブヘッドをコントロールすることができないのでスライスが出てしまったり、ダフったりとミスショットの一因になってしまいます。

プロにミスショットが少ない理由の一つには、この手首の動きがしっかりとしているからとも言われているのです。

実際にはタイミング的にはインパクトの直前が最も良いとされていますが、アマチュアゴルファーの場合ではインパクトのときにそれをやろうとしてしまうのです。

それをしてしまうと、クラブヘッドはなかなかコントロールしにくく、さらにその瞬間の再現性に問題が出てきてしまって、本来ミートするかたちが常に一定ではないということが言えます。

アンコックのタイミングをインパクトの直前と覚えておいて、これを頭に叩き込みながらスイングの練習をしなければ、間違ったスイングを覚えてしまう事もあります。

また、実際にクラブを持って手首を曲げ、それを直すと分かるのですが、動作の大きさはほんのわずかなものになります。

ですがこれがスイングの重要な要素であり、タイミングをずらしてしまうとミスショットをしてしまう理由になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ