ゴルフ場デビューに欠かせないフルセットの内容とは

ゴルフのルールでは14本までのクラブを使用する事が認められていて、それぞれ目的に応じたものがあります。
それらをすべて揃えてあるのがフルセットです。
フルセットとして販売されているものを買えばそれで揃える事ができますが、自分で選んだ1本ずつを集めていって、それで揃えるという事もできます。
内容的にはまずはウッドと呼ばれるものが入ります。

ティーからの1打目を打つドライバーや、フェアウェイから飛距離を稼ぐフェアウェイウッドなどがそれに該当します。
またティからはドライバーしか使えないという事で、あえて3番ウッドなどを使う事でドライバーを除いて、使用できる本数を稼ぐ人もいます。

次にアイアンなどが入り、ラフからもアプローチへも使えるクラブとして、ウッドよりも扱いやすくなっています。
またアイアンの中にはバンカーからのショットに使用するサンドウェッジや、近距離のグリーンへの寄せに特化したアプローチウェッジなどがあります。

そして最後にパターが入ります。
主にグリーンで使って、球を転がしてカップに入れるためのものです。

近年ではこれらに分類されないユーティリティーという新しいタイプのクラブもあり、アイアンとウッドの中間のかたちで、扱いやすく飛距離も稼げる事からフェアウェイウッドが苦手な人に愛用されています。

これらの中から14本を選んでゴルフをする事になります。

また14本ではなくても、男性なら11本以上女性ならば8本あればゴルフデビューも可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ