上級者のミスとも言われるフックの簡単な矯正法

フックとは、打った打球が左に曲がってしまうことを言います。
初心者は逆に右に行ってスライスをしやすくなる傾向があり、これが治ると次はフックになってしまう事から、上級者のミスとも呼ばれます。
初心者がスライスをしてしまうのはフェースが開いてしまうからで、つまりクラブヘッドの向きが外側を向く点にあります。

これを修正しようとしてクラブフェースを自分の方に向ける、これを閉じると言いますが、これをやりすぎてしまう事によって、今度は逆に左にボールが飛ぶというのが原理です。

だから初心者を脱した人が陥りやすいミスショットと言えます。
そして、フックの一番の原因となるのはグリップです。

多くの場合はグリップを見直す事で改善される事があります。
正しいままで慣れ親しんだグリップをこれから変えていくのは、想像以上に難しい作業です。

そこでグリップを変えないで、癖を直す方法を紹介します。
まずフェースがやや開いている状態で、いつものグリップをするようにしてください。

そして、その状態でフェースをターゲットに合わせるようにしてください。
開いた状態で握っているので、スライスが矯正されて、インパクトのときはちょうどいいあんばいになるのです。

だから、どれくらい開いてから握るかというのは個人差があります。
そこでまっすぐ飛ぶ位置を見つけて、それをいつもの自分のグリップとすれば癖を直す事ができます。

ただし、たまに出てしまうという人は、根本から見直さなくてはならないかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ