ゴルフ場設計家としても名を馳せる偉大なゴルファー、バイロン・ネルソン

バイロン・ネルソンは、アメリカテキサス州出身のプロゴルファーです。
フルネームは、ジョン・バイロン・ネルソン・ジュニアで、ベン・ホーガン、サム・スニードに並ぶ、偉大なゴルファーとして知られています。
PGAツアーでは通算52勝を挙げていてメジャーでもマスターズを2勝、全米オープンを1勝、全米プロゴルフを2勝と、合計5勝を果たしています。

そして1945年には年間11連勝という驚くべき記録も残していて、これらの記録は、いまだ破られていない大記録となっています。
また113試合連続予選通過の記録も持っていましたが、これは2003年にタイガー・ウッズに破られる事になりました。

1946年にバイロン・ネルソンは引退する事になりますが、引退後もマスターズには出場をしています。
世界ゴルフ殿堂が設立されたときには、もちろん殿堂入りも果たしています。

晩年にはあまり大会への出場は少なくなっていましたが、彼の名前を冠したPGAツアーの大会があったために、そのトーナメントのホストを務めています。

またゴルファーとして以外でも、ゴルフ場設計家としても知られていて、彼の名を冠したゴルフ場は国内にも多くあります。

そのときの設計思想として、「すべてのゴルファーにゴルフの醍醐味を」というものがあります。

たとえプロだけではなく、ゴルフをするすべての者が楽しめる事を念頭に置かれて設計されているので、上級者御用達の、初心者お断りのコースになっていないのが特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ