スライスの矯正のために覚えておきたい、ドローボールの打ち方

ドローボールとは、まっすぐに飛ぶけれど、落ちるときに左に少し曲がるような打球のことで、左利きの人の場合は逆の曲がり方になります。
このショットの利点は曲がらないということです。
もちろん落ちるときに少し曲がってしまいますが、大きくスライスやフックをしてしまう人にとっては、ドローボールの打ち方を覚えてしまえば比較的まっすぐなボールを飛ばすことができます。

さらにこれには適切なスピンがかかっていますから、ランによって飛距離を稼げるという利点もあります。

ドローボールを打つには基本的にスタンスはクロースにします。
通常のアドレスとは違って、ボールはやや左寄りにします。

そしてテイクバックはクローズスタンスの分だけインサイドに引くようにしてください。
インサイドからクラブを下ろして体の正面でヘッドが手を追い抜き、そして追い抜いたヘッドがインパクトをするという手順が大切です。

これでしっかりと球を捕らえることができますから、変なスピンがかかってしまうという心配はなくなります。
そのときもヘッドが体の正面から外れてしまうと、スライスの要因になってしまいますので注意してください。

特にスライスが出てしまう人は、この球の打ち方を覚えることによって矯正することができます。

スタンスの向きで無理矢理矯正するということもできますが、それでは根本的な解決にはなっておらず、何よりこういったショットができればスコアに如実に現われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ