ショットにも影響する心理的効果を生む、トップライン

トップラインとは、アイアンのフェース上面のヒールからトゥまでを結んだ線のことです。
そしてトップラインのデザインはショットにも影響を与えると言われています。
構えたときにこの形状によって、フェースの高さやロフト角が確認しやすくなります。
また、逆にデザインによってそれらが確認できなくなるということもあり、これは好みで、人によってどれが良いということはできません。

ただし、この心理面に与える効果というのは馬鹿にできず、個人差があるものでそれぞれ合わせる必要はあるのですが、ショットにも強くその性能の差が出ることになります。

具体的には、細ければアドレスをしたときにソールが見えてしまうので、それが人によって安心感を与えることもあれば、見た目が気に入らず集中できない要因にもなります。

それ自体がボールの球筋に影響を与えるということ自体は少ないのですが、扱っているプレーヤーに心理的効果を与えて、ショットを左右する部位の一つです。

アイアンを構えたときに一番目に入る位置ですから、これがしっくりくるということはヒアメンタルなスポーツであるゴルフでは重要です。

たとえどれだけ性能が良いアイアンであっても、ひょっとしたらこの効果で思ったようなショットができないということもありますから、まずは構えてみて、そしてアドレス時の見た目を確認することも、自分に合ったクラブ選びには必要なことです。

ただの見た目の問題と侮らずに、しっくりくるクラブを探しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ