スライスの状態を脱却出来るかが、上達の一つの目安

ゴルフを始めた方は、まずボールに当てることに苦労することとなるでしょう。
そして次の段階、ボールには当たり、前に飛ぶようになってきたという状態です。
この段階になると、何故かボールが右の方に行き、真っ直ぐ飛ばないという次の悩みにぶつかる方が非常に多くいらっしゃいます。
この右に曲がることが、所謂スライスです。

稀に、左側、フックに曲がる方もいらっしゃいますが、そのような方は少数派となります。
殆どの方はこのスライスに苦しめられ、中には年単位でやっても改善されない場合も珍しくありません。

この曲がり方になってしまう原因は一つではない為、克服するのが非常に難しくなります。
曲がる原因を消していきましょう。

よくあるのが、クラブのフェースが開いていることと、アウトサイド・インの軌道でスイングをしているというパターンです。
クラブのフェースが開くとは、打つ瞬間にフェースが右方向を向いているという意味であり、この場合は当然右にボールは飛んでいきます。

これは打っている本人は異常に気づきにくい点です。

真っ直ぐ当てているつもりになりがちですが、インパクトの瞬間にフェースがどうなっているかを正確に知る手段は映像に記録するか、誰かに見てもらうかぐらいしかありません。

そしてもう一つ、スイングがアウトサイド・インの軌道を描くことも右曲がりの原因です。

外から入ってきて、ボールの内側を叩くと、右に回転してしまい、軌道もスライスになってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ