転がしたくない時に使われる技術であるスピン

ゴルフでストレートボールを打つ時、ボールは順回転していることが多くなります。
勿論、その場合も完全なストレートではなく、スライスかフックに横の回転もかかっているのですが、縦回転に限定すれば順回転していることが多いでしょう。
これは転がしたい、飛距離を稼ぎたいティーショットで有効な打ち方です。

しかし、この順回転のボールを打っているだけでは困る時が来ます。
それが顕著なのがアプローチショットです。

カップまでの距離は仮に100ヤードとしますが、要はグリーンに乗っていないという状況を想像して下さい。
そして、そのカップの後ろは転がる坂になっていて、先にはバンカーが設置されているとしましょう。

この状態で順回転の、転がるボールを打つことは得策でしょうか。
勿論、この順回転の技術を突き詰めれば、上手く寄せることは出来ますが、多くの方は転がしたくないと思う筈です。

失敗してカップを通り過ぎたら、バンカーに落ちる可能性が高くなる状況で、転がすのは勇気が要るでしょう。
このような状況でよく使われるのが、バックスピンという技術です。

ボールの縦回転が通常とは逆、手前の方に向いている状態のことを指します。
この逆回転がボールにかかると、一度落ちた後はあまり転がりません。

進行方向と逆に回転している為、進もうとしないのです。
この技術があれば、転がしたくない時に優位に立てるでしょう。

一方で、順回転のボールより滞空時間が長くなる為、風の影響を受けやすくなるという欠点もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ