スライスやフックの原因となる、サイドスピンとは

サイドスピンとは、インパクトして飛んでいる打球にかかる横方向の回転のことです。
このような回転がボールに加わることによって、スライスやフックが出てしまうという結果を招きます。
スピンと言えばバックスピンが有名なのですが、実際にボールを打ったときには、キレイに縦方向のみの回転だけをすることはまれで、横方向にサイドスピンがほとんどかかってしまいます。

縦に回転がかかっているときは、正方向ならばライナーのような打球になって、速く飛びやすくなります。ただ上に上がらないために、飛距離はそれほど伸びません。

逆回転ならば、揚力の関係で、上に上がり、飛距離がでます。
そして横方向ならば、打球は曲がってしまいます。

スピンがなければボールは飛ばないのですが、それが横方向にかかってしまうと、飛距離が伸びるどころか曲がってしまうことになり、スピンを抑えるディスタンス系のボールが飛ばないのはこのためですが、スライスなどの矯正はできるというメリットはあります。

これを抑えるためには、クラブヘッドのボールへのインパクトのとき、その角度が重要です。
ボールに対して水平にインパクトしたときは、ロフト角の影響のみを受けて、縦方向の回転になります。

少しでもずれてしまうと、横への回転がかかってしまいます。

そして、横回転のスピンの力が縦回転より大きくなってしまったら、スライスやフックが出てしまうことになるので、悩んでいる方は覚えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ