カラダが閉じてフック傾向になってしまうクローズスタンス

クローズスタンスは、スタンスした時に右足を後ろに下げカラダがとしてしまう様な体勢をとる方法です。
両足をラインで結んでみると、右を向いていればこのスタンスということが言えます。
理想的なのはまっすぐなラインですが、体自体はターゲットに向いて閉じているために、クローズスタンスと呼ばれることになります。

これは初心者にはよく見られ、意識しないでも後ろを向いてしまうことは多々あり、普通にスタンスしたとしても、このような姿勢になっていることはよくあります。

この状態でスイングをするときは、クラブを外側から振り下ろすことが必要になってきますので、引っ掛けやすくなっています。
引っ掛けて飛ばすということは、ボールがまっすぐになっていると勘違いを招きがちです。

フックが出やすくなることも特徴ですから、意識していないのにフック傾向にある人はスタンスを見直して、体が閉じていないかを確認してください。

ですがこれにもまったく利点がないということではなくて、意図的に体を閉じることによって、ドローボールを打つこともプロはしています。
また、ストレートに打つためにわざとこの姿勢をとって、引っ掛けて無理やりまっすぐに飛ばしている人もいます。

ただし、これはプロがやっていることで、あくまでも初心者やアマチュアは、ストレートなスタンスを意識しておかなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ