打ち上げは、高く打てない人にとっては立ち塞がる難コース

スタート地点、つまりティーショットの高さと比べて、カップが高いところにあるのが所謂打ち上げと呼ばれるコースです。
少々高い程度ならばあまり問題はないのですが、極端に高いと難易度が跳ね上がります。
当然の話ですが、低く真っ直ぐ飛ぶボールを打つ方は打ち上げコースとの相性はよくありません。
セオリーとして、高く飛ばすことが重要になってくるからです。

ここで、低めに行ってしまうという方は、必要以上に意識してしまい、ゴルフボールを打つ時の姿勢、アドレスを崩してしまうということが起こりやすくなります。

高く飛ばそうとして、視線が上に行ってしまい、アドレスの方も釣られるように右肩が下がってしまうことがあり、結果的にプッシュアウト系のミスが出る、スライスが起こりやすくなる等のミスが出てしまう可能性が高くなるでしょう。

ボールが想定より右方向に飛んでしまうという方は、まずアドレスが正しく出来ているかを確認してみて下さい。

なかなか上手くいかないという場合はクラブを変えてみるのも手です。
ドライバーではなく3番ウッドを使ってみる等の工夫で改善される場合があります。

もし打ち上げコースを苦手としているなら、高く飛ぶボールを常日頃から練習してみましょう。

特に視線は意識し過ぎるといけませんので、スイング自体は普段と変えず、かつ高いボールを打つ為に日頃からどのようなクラブが向いているのか試してみて下さい。

そして、スイング自体に工夫をするなら、ダウンブローの練習でバックスピンをかける練習をしてみるのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ