ドライバーの飛距離を伸ばすために必要な軌道アッパーブロー

アッパーブローはスイングの方法の一つで、最も飛距離を出し合いドライバーに適しているスイングとされています。
具体的にはヘッドがバックスイングから振り抜くときに、最下点を通過したあとに、ボールがインパクトをすることで、打った打球は持ち上げられるカタチで飛んでいくことになります。
また、こういった方法で打つことができるボールは、ドライバーのみで、特殊な場合を除き、ティショットでのみ使うことができます。

一番簡単にこの方法を実行するやり方としてはティーアップを高くすることです。
ティが高ければそれだけ、下に空間ができて、そこから持ち上げるカタチで打つことができます。

しかし、この方法でやろうとすると、フェースが開いてしまうのでスライスが強く出てしまう可能性もあり、注意が必要です。
またヘッドスピードが速すぎる人は、シャフトのしなりがスイングに合っていない可能性もあります。

どうしても上手くいかない人はクラブを変えるということも選択肢に入れてください。

特殊な打ち方に感じる人もいるかもしれませんが、これはティーアップをすることで自然とこういった打ち方になる人がほとんどで、意識しすぎてしまうと、逆に失敗してしまうかもしれません。

どうしてもドライバーの飛距離を伸ばしたいという人だけが、意識して練習した方が良いでしょう。

ただし、基本的なスタンスのときのボールの位置とティの高さだけは、意識してセッティングしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ