丸か鋭角かで、方向性と安定性が違うリーディングエッジ

リーディングエッジは、「歯」とも呼ばれていて、フェースとソールの間の角のことです。
インパクトのときにここにボールが当たってしまうと、トップになってしまいます。
一般的にはこれがまっすぐなクラブの方が、打ちやすいとされています。
特にアイアンで、いまいち方向性が定まらない人にとっては、まっすぐなクラブを選ぶことが改善のための近道になります。

ただし、フェースが開いてしまったら意味がなく、閉じながらスイングするということが大切です。
フェースを開いてしまうと、逆にまっすぐになっているのが目障りになってきます。

打ち方にあわせて選ぶようにしてください。
リーディングエッジはインパクトのときのボールへの侵入角度でとても重要な意味を占めます。

これがボールの下に行かなければ、この場所に当たってしまったら、意味がないからです。
特にアイアンではターゲットを捉える方向性の指針として、大切にされます。

また、丸いものもあります。
サンドウェッジなどはこういったタイプが主流を占めていて、それはインパクトのときに砂に潜らないためです。

砂に潜ったら最悪の場合そこで止まってしまいますし、丸ければ刺さることはなく、多少のミスもリカバーしてくれます。

ただし、こちらは、直角のものと違って、フェースを開いて使うことが前提とされていますので、形状を見極めて適切な打ち分けをする必要があります。

そして、丸いだけに目標に合わせにくいという欠点ももっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ