ティからもフェアウェイからも使う、基本となるクラブ「ウッド」

ウッドは、ゴルフクラブの一種で、昔は木で作られていたことからこう呼ばれています。
最近は、技術の進歩と共に木で作られるものは少なくなっていて、ステンレス製を導入したり、チタン合金などのメタル製などや、カーボンファイバーとメタルが使われたりしているのが一般的です。
また1番ウッドはドライバーとしても知られています。

また、同じようにアイアンというものがありますが、基本的に打ち方が違います。
クラブの長さがその代表例で、長さが違うことにより、一型に関しても、感覚の違いが必要です。

そして、フェース角も変わってきています。
ウッドはシャフトと一直線になるものが多いのですが、アイアンになると角度がついているので、インパクトのときにどこに当てるかを意識しなければうまくヒットしません。

そしてなによりも違うのが飛距離です。
飛ばすことを前提に作られているウッドですから、そのためにスタンスからインパクトまで一連の流れの中で、いかに力を込めるかということが重要です。

打ち込む感覚は同じでも、リズムやタイミングなどを変えていかなければ、うまく打てません。

ウッド形状のクラブを総称して、フェアウェイウッドと呼ばれていますが、これはフェアウェイからの使用を想定されていて、ティ以外からも使うことができます。

そのために、長い距離を打つことができるアイアン、ロングアイアンなどを使用せず、これらを使うゴルファーも多く存在します。
また、このように、距離や場所に囚われないものの他にはユーティリティと呼ばれるタイプも存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ