ロスアンジェルス・カントリークラブはビバリーヒルズに作られている

ザ・ロサンゼルス・カントリー・クラブと表記されることもあるロスアンジェルス・カントリークラブは1897年、アメリカのカリフォルニア州、ロサンゼルスに開場したゴルフ場です。
ゴルフ場は、広大な土地が必要となるので郊外に作られることが多いものの、ロスアンジェルス・カントリークラブはビバリーヒルズの街中に作られています。

ビバリーヒルズの南にある高層ビル群、センチュリーシティが顔を覗かせていますが、敷地内には開場時からの自然が多く残されているので、都会の喧騒を感じることは殆どありません。

アメリカの中でも歴史ある名門ゴルフ場なので、ビジターの方がいきなり訪れて利用することは基本的に出来ず、ハードルは高めです。
会員の知り合いの方がいない場合に利用することは困難であり、また利用料金も高めとなっています。

ロサンゼルスに位置しているので、アクセスは容易であり、移動で困ることは殆どありません。

ロスアンジェルス・カントリークラブは広大な敷地に2コース、計36ホールを所有しており、Southコースはフェアウェイが非常に広く作られており、高低差も少ないので打ちやすい構成です。

Northコースはジョージ・C・トーマス氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブルーティーからの距離は6909ヤードと距離も十分にあります。

アップダウンが色濃く残されており、フェアウェイが蛇行していることも多いので、好スコアを狙うなら飛距離に加えて高度なテクニックが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ