ニューヨークからもほど近いベスページは完成度の高いパブリックコース

ベスページは、アメリカのニューヨーク州、べスページ州立公園にあるトップレベルのパブリックのゴルフ場です。
マンハッタンからも、車で1時間ほどの距離に位置しているべスページには、2002年と2009年に全米オープンが開催されたブラックコースをはじめ、全部で90ホールものチャレンジングなゴルフコースがあります。

この公園は、1930年代の頭にニューヨーク州の公園局がここにあったレノックスヒルカントリークラブと、その周辺の土地を買収してつくられたものでしたが、ブラックコース以外のレッドやブルー、そしてグリーンコースも、その時につくられました。

その後にイエローコースが増設されて1958年にオープンし、現在の90ホールの今の形となりました。

年間のラウンド数の多い通常時のコンディションは、近隣にあるプライベートのゴルフ場と同等とまではいきませんが、アメリカのパブリックとしては極めて良好といえるでしょう。

特に、2002年の全米オープンが開催されて以降、グリーンフィーが高くなったことで メンテナンスも十分に改善され、そのコンディションはかなり良くなってきたといわれています。

特に、グリーンフィーが他より高いブラックコースは歩きのみの、カートは入ることができず、パブリックにしては珍しく専属のキャディがいます。

また、難易度はとても高く、初心者がプレーすることが少なく、グリーンやブルー、イエローとは色々な意味で違ったものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ