セミノールゴルフクラブは設計家も自負するアメリカのトップクラスのゴルフ場

セミノールゴルフクラブは、アメリカ合衆国、フロリダ州の南東部ノースパームビーチに、金融恐慌の年となった1929年にオープンしたゴルフ場になります。
アメリカにおけるゴルフ場のランキング調査が行われ始めて以来、ベスト・テンから落ちたことのない名門です。
ドナルド・ロス氏による設計のコースは、1999年の全米オープンが開催されたパインハーストNo.2コースがあまりにも有名になりましたが、実情を熟知するゴルファーたちの間では、このセミノールゴルフクラブに対しての絶大な評価が集まっているのも確かです。

全部で約400ものゴルフ場の設計を行ったといわれているドナルド・ロス氏も、このコースについては決して人任せにせず、自分の信念を盛り込んで、本気で超一流となるコースの建設を心がけました。

かつて、このクラブのメンバーであったベン・ホーガン選手は、マスターズトーナメントに向けて30日間もの連続プレーを行いましたが、その日その日で風の方向と強さが変わり、30日目もまったく新しいコースへ出たのと同じ体験であったと語っています。

ここは、年間の11月から4月までの期間しかオープンしておらず、メンバーが少ない上に、ビジターの受け入れが非常に厳しいため、プレー経験者も少なく、一般の知名度が高くならないのが残念と言われていますが、パインバレー、そして、オーガスタナショナルに並ぶ、特別なコースであることは確かでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ