競技中のトラブル?「ラブオブザグリーン」ってなんだろう

「ラブオブザグリーン」とは、試合中にあるプレーヤーが打ったボールが、プレーヤー以外の手、例えば同伴競技者や局外者の方によって止められてしまったり、動かされてしまったりすることをいいます。
名称から、ポジティブな意味合いのものになるかと思ってしまいますが、あまりあってほしくないケースの名称のことをいうのですね。

ラブオブザグリーンになってしまっても、もちろんペナルティを加算されてしまうことはなく、ボールが止まったところからプレーを再開することができますが、本来であればものすごいベストショットだったかもしれないのに、ペナルティにならないとはいってもショットが中断されたり、変更されてしまったりするのは喜ばしいことではありません。

ご自身がこういった自体を引き起こさないように、同伴競技者がプレーをしているときはしっかりと気を配る必要があります。
こうしたときに、プレーの線などを理解できると相手の邪魔にならないので、テクニック本などを見て勉強するとよいですね。

局外者のラブオブザグリーンは、遠く離れているところからショットが打たれる上に、配置されている場所があらかじめ決められていることも多いので、避けられないこともあります。

その場合は局外者の方に責任を負わせることなく、これもプレーの上での運だと思って、次のショットから前向きにプレーを再開しましょう。

ご自身がコントロール性の高いショットを打てるようになるとこうしたアクシデントを避けられるので、まずは練習あるのみ、であるともいえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ