楊涛麗選手は2008年頃から日本のツアーに参戦した

フリーで活動を行っており、日本のツアーにも参戦した楊涛麗選手は中国出身の女子プロゴルファーです。
1983年、四川省成都の生まれであり、都江堰市職業高中卒業が最終学歴ですが、ゴルフを始めた時期については不明となっています。
プロに転向した時期についても分かっていませんが、日本のツアーに参戦し始めたのは2008年のことです。

どのような経緯で、日本でプレーするようになったのか、過去の実績など分からないことが多いものの、2008年には、翌年のツアーの参戦権をかけて争うクォリファイングトーナメントに参加しており、2009年、2010年も同様にクォリファイングトーナメントに出場しました。

2011年には日本のレギュラーツアーに多く出場しており、SANKYOレディースオープンでは42位タイ、日医工女子オープンゴルフトーナメントでは53位タイを記録しましたが、マンシングウェアレディース東海クラシック、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯、フジサンケイレディスクラシック、ヨネックスレディスゴルフトーナメントなどでは予選落ちに終わっています。

2012年も日本のツアーに参戦し、スタンレーレディスゴルフトーナメントでは首位と1打差の2位タイを記録しました。

2013年以降、日本のトーナメントに参加した記録はありませんが、2013年には中国で行われたLPGAツアー、レインウッドパインバレーLPGAクラシックに出場しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ