レティーフ・グーセンは南アフリカを代表するトップゴルファー

レティーフ・グーセン選手は、南アフリカが生んだプロゴルファーです。
2001年と2004年の2回、全米オープンで優勝した実力を持つプレイヤーで、ヨーロッパツアーでは14勝、アメリカPGAツアーでは7勝を挙げています。
世界ランキング自己最高位は3位をマークしたことがあります。

グーセン選手は、1990年にプロ入り後、1994年と1997年の全米オープンで優勝した同郷のアニー・エルスに比べ、活躍へのスタートが遅れましたが、2001年全米オープンでは初日から首位に立ち、その後も好調なラウンドを続け、マーク・ブルックス選手とのプレーオフを制して、メジャー大会初優勝を飾ります。

この優勝をきっかけに、グーセン選手は、米国ツアーに本拠地を移すことになりました。

2001年に日本の太平洋ゴルフクラブ・御殿場コースで開催された世界ゴルフ選手権のEMCワールドカップに、南アフリカの代表としてアーニー・エルスとコンビを組んで出場し、みごとに優勝します。

2001年・2002年連続で、ヨーロッパツアーの賞金王になり、さらには2004年の全米オープンで3年ぶり2回目の優勝を果たすまでのトッププロになったのです。

2005年のマスターズ大会では、前年優勝のグーセン選手は、3日目を終えて単独トップに立ち、連覇を目前にしながらも最終日に大きく崩れ、2連覇を惜しくも逃すのでした。

2009年のトランジション選手権において、アメリカツアーにおいて、4年ぶりとなる7勝目を飾っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ