ポール・マギンリーは2014年欧州代表のキャプテンを務めるゴルファー

ポール・マギンリーは、2014年の「ライダーカップ」における欧州チームのキャプテンに就任したことで話題を集めた、イギリスのプロゴルファーです。
無事に3連覇を果たすことができ、キャプテンとしての役目を全うしました。
このことから今後は選手としての活躍だけでなく、指導者・リーダーとしての役割も期待されています。

個人技と思われがちな競技ですが、優れたリーダーがいると団体戦の結果は大きく変わってくるものです。
1966年生まれで1991年にプロに転向し、それ以来数多くのトーナメントに参加し続けています。

身長は170センチと比較的小柄なのですが、トップスピードのあるスウィングと安定したパッティングが魅力のプレーヤーです。

大会の優勝などあまり目立った戦績がないため、日本ではあまり知名度の高い選手とは言えませんが、年齢を重ねながらも第一線で活躍し続けているその姿勢は、間違いなくトップゴルファーの一人だと言えるでしょう。

様々な大会に参加すること自体が、ゴルファーにとってひとつのハードルとなっています。

ポール・マギンリーが参加した過去のツアーなどを見てみると、BMWマスターズやジ・アイリッシュオープン、BMWインターナショナルオープン、オープン・デ・エスパーニャなど名だたる大会に参加していることが分かります。

ゴルフの本場である欧州での活躍は現地の人たちからも高く評価されており、今回のライダーカップのキャプテン就任による知名度のアップも、今後の活動に大きく影響を与えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ