ジーブ・ミルカ・シン選手は、インド人初のマスターズトーナメント出場を果たした選手

ジーブ・ミルカ・シン選手は1971年12月15日にインドのチャンディーガルで誕生します。
日本ツアーでも活躍し、通算4勝を挙げているシン選手はインド出身のプロゴルファーということで話題にもなり、日本人にも馴染みの深いプロゴルファーといえるでしょう。
その他ツアーでは、これまでに、アジアンツアー6勝や、ヨーロッパツアー3勝を挙げるなど、実力も兼ね備えた選手です。

インド出身の選手としては初めて、マスターズトーナメントに出場したことでも知られているシン選手は、1993年にプロ入りし、マレーシアの大会でプロとしての初優勝を飾りました。

1995年には日本で開催されたダンロップオープンゴルフ選手権競技大会で日本ツアーに初参戦することになります。

その後、アジアンツアーで活躍すると、2001年からは日本ツアーに本腰を入れてフル参戦するようになり、日本のテレビ中継でも彼の名前を耳にすることが多くなりました。

2006年からはヨーロッパツアーなどでも活躍するようになり、2006年度のヨーロッパツアー賞金ランキングでは16位まで成績を上げました。

遂に、2007年にはインド人として初のマスターズトーナメントの出場を果たし、37位タイに食い込む結果を残すことになります。
そして、2008年には初のアジアンツアーの賞金王に輝きます。

同年には、日本ツアーでもセガサミーカップと、石川遼選手と最後まで名勝負を繰り広げたゴルフ日本シリーズの合わせて2勝を挙げる大活躍を見せてくれました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ