安田悦子選手は1994年にプロ入りし、2009年までトーナメントに参加した

1971年生まれ、愛知県東海市出身の女子プロゴルファーが安田悦子選手です。
過去にはソフトボールの経験があり、15歳と早い時期からゴルフを始めると中学卒業後は私立津島女子高等学校に進学しています。
高校卒業後は大学に進学しておらず、詳細な経緯は不明ですが、1994年のプロテストに合格しました。

66期生としてプロ入りを果たしており、時期は不明ですがセントレジャー・マネジメントに所属していたことがあります。
1995年の三越カップでレギュラーツアーデビューを果たしていますが、同年はステップアップツアーでしか賞金を獲得できていません。

1996年には年間を通してレギュラーツアーに参戦しましたが、廣済堂レディスゴルフカップでの41位タイを除けば全て予選落ちで終わっており、活躍することはできませんでした。

廣済堂レディスゴルフカップで獲得した賞金が、レギュラーツアーでの唯一の賞金であり、以降はステップアップツアーを中心に活動を行っています。

2000年頃からは試合への参加が少なくなり、2002年と2003年はトーナメントには一切参加していません。
2004年と2005年には「A・T theoryカップ」に出場していますが、2006年、2007年は再びトーナメントから姿を消しています。

2009年のステップアップツアー「ANA PRINCESS CUP」を最後にトーナメントには参加しておらず、ツアープロとしては引退状態にある選手です。

プロフィールにはフリーと記載されていますが、2011年の時点ではセントレジャーゴルフクラブ亀山に所属していました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ