元プロゴルファー丸谷京子は良妻賢母で家族を支える

芸術一家やスポーツ家系という、親族が皆同じ系統の職業を担うケースは良く耳にしますが、これとは少し違うレアケースなのが元プロゴルファーの丸谷京子(まるたにきょうこ)氏です。
埼玉県生まれの彼女は12歳でゴルフを始め、大学・アマチュア時代に才能を開花させます。
その後プロに転向し、プロゴルファーの鈴木亨氏と結婚。

現役引退後は2児の母として主婦業に勤しみます。
ここまでは良くある話ですが、なんと娘が人気アイドルグループ「℃-ute」の鈴木愛理さんなのです。
全国を飛び回る娘の世話を一手に引き受けている丸谷氏。

親子中は周囲から見ても非常に良く、娘はよく「母は元プロゴルファー・丸谷京子です」と自己紹介に絡め、ネタとしてゴルフ話をトークに混ぜ込むほどで、娘発信で、我々に親子愛を感じさせてくれています。

夫を支える妻としても、彼女は気配りを忘れません。
一例としてこんなエピソードがあります。

夫の海外遠征試合の時、英語に不慣れな夫を見越して彼女の知人プロゴルファーに事前にコンタクトをとり、夫のキャディを務めてもらうよう手配し、夫の援護射撃を影から行いました。

自らもプロで経験しているからこその苦労への共感と、彼女の人となりから来る想いやりとが織りなす、心温まる気遣いなのでしょう。

このように妻として、母として、めまぐるしい影の活躍が要求されるポジションを、意欲的にこなす姿が垣間見えます。
ちなみに、息子もプロゴルファー志望とのことで、こちらへの対応にも目が離せません。

アイドルの子を持つプロスポーツの親。
そんな「新たなタイプ」の素敵な例として、丸谷京子氏は今日も歩みを続けています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ