30代でプロ転向した藤本裕子プロはマッサージもプロ級

藤本裕子プロは1962年東京都調布市生まれで、ティーチングプロとして活躍しています。
彼女は、日本体育大学体育学部健康学科で学んだ生粋のスポーツウーマンで、学生時代からテニス、体操、ダイビングなど幅広いスポーツに親しんできました。
体育大学で養った基礎体力と、生まれながらの万全な運動能力の高さが自慢です。

33歳からプレーを始めたにも関わらず、今やティーチングプロとして引っ張りだこの人気講師として活躍しています。
彼女のプレー技術の礎を築いた根笹志信プロは、彼女を2008年プロテスト合格へと導きました。

若い世代の女子ゴルファーが台頭している中、30代からゴルフを始め、プロとして活躍しているのは彼女位でしょう。
主な活動歴はティーチングプロとしての活動なので、トーナメントや国内大会での目立った活動等はありません。

彼女は世田谷区にある芦花パークゴルフ 、大蔵第二運動場でプロ講師としてレッスンを受け持っています。
初心者からベテランまで多くの生徒を持ち、更には障害者のゴルフ教授にも力を入れている熱血講師としても知られています。

彼女はゴルフ技術だけではなく、ゴルフリンパマッサージと呼ばれる、ゴルフに使う筋肉などを揉みほぐすことで、重心のとれたプレー、スイングの改善を狙うマッサージ師としても活躍しているのです。

このマッサージを受けられる場所は限られており、なかなか施術を受ける機会はありませんが、ゴルフ愛に富んだマッサージは、よりスポーツを楽しませてくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ