坂東貴代はフリーで活躍していたプロゴルファーである

坂東貴代選手は1994年に66期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロとしての活動をスタートさせました。
11歳からゴルフを開始して24歳でプロになったということで、その間に絶え間ない努力を感じ取ることができるでしょう。
スポーツ歴としては新体操をしていた過去があるので、スイングをする時の体の使い方など、バランス感覚には優れていることもあり、どんどん技術が上がっていきました。

現在の所属はフリーであり、契約している企業はいませんし、現役としてトーナメントには出ておらず、解説などをしてゴルフと携わっています。

主な戦歴は、2002年にWe Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント、1997年の新キャタピラー三菱でそれぞれ優勝を飾っています。

これ以外にも素晴らしい成績を数多く残しており、まず2002年のアピタ・サークルKサンクス、1997年の大王製紙エリエール女子、1999年のフジサンケイレディスクラシックはそれぞれ2位、1998年のゴルフ5レディスプロ、2006年のミヤギテレビ杯ダンロップ女子で4位タイなどとなっており、それぞれが素晴らしい実績を持っていることが分かるでしょう。

デビューした1994年からトーナメントに出場することができていますが、賞金を獲得する順位まで上げることができずとても悔しい思いをしています。

そこから毎日のように努力を重ねていき、1995年には100万円近い賞金を獲得することができました。
そこからしり上がりに順位は上昇していき、2002年には自己最高の2800万円の賞金を獲得し、順位は18位を記録しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ