馬場ゆかりは数多くの企業と契約を結ぶスーパースター

馬場ゆかり選手は、所属はフリーで契約している企業が、クラブがテーラーメイド、ボールがタイトリスト、ウェアがアンダーアーマー、シューズがフットジョイと数多くあります。
2002年に74期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロ活動を開始することになりました。
1982年に福岡県で生まれ、久留米市立久留米商業高等学校を卒業しています。

8歳からゴルフを続けており、その合間には剣道をしていたこともあり、足腰そして集中力という部分において類稀な才能を開花させる基礎を築いてきました。

トーナメントはシード権を獲得しており、それだけ実績が優秀であることを伺うことができるでしょう。

主な戦歴を見てみると、2011年に日本女子オープンゴルフ選手権競技、2008年にライフカードレディス、2004年にヨネックスレディスでともに優勝を飾っています。

ルックスが良いという面と、綺麗なフォームでスイングをするのでメディアからの注目もとても高くなり、一気に人気になりました。

そしてこれら以外でも、2012年のヨネックスレディス、2011年の伊藤園レディス、樋口久子森永製菓ウイダーレディス、2010年大王製紙エリエールレディスで2位という輝かしい成績を残しています。

これ以外にも、数多くの大会で2位を獲得しており、ポテンシャルの高さを伺える結果です。
2002年にデビューした時はそこまで実力を発揮することができませんでした。

しかし、プロの世界になれていくにつれて成長が著しくなり、2010年には9000万円を超える賞金を獲得することができ、その年の賞金女王とまではいきませんでしたが、4位という健闘を見せることになったのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ