足利の町から挑戦し続ける女子プロゴルファー 中村洋子

中村洋子プロがゴルフを始めたのは18歳の時、1993年のことでした。
栃木県足利市に生まれた中村プロは、栃木県立足利西高等学校を卒業した後に、プロゴルファーの道を目指し始めたことになります。
学生時代はバレーボールやソフトボールに打ち込んでいました。

ゴルフを始めた日から10年後、28歳となった2003年に日本女子プロゴルフ協会に加入し、プロゴルファーへ転向しました。
翌年のステップアップツアーである徳島月の宮カップでは10位という好成績をおさめますが、メジャーツアーへの出場は叶いませんでした。

その後も毎年のようにステップアップツアーに出場し、公式戦への出場を目指しますが、あと一歩のところで上位に食い込むことができません。

初めてメジャーツアーとなる公式戦に参戦したのは、プロに転向した8年後のことでした。
日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯に出場しますが、惜しくも予選落ちとなってしまいます。

その後しばらく公式戦から遠ざかっていましたが、2014年はQTランキング241位に入っており、出場資格を手にしています。
まだまだこれからの活躍に期待です。

また、栃木県足利市にある足利ゴルフ場にて、レッスンプロとしても活動しています。
ゴルフを始めたばかりの初心者から、本気でゴルフを極めたいベテランの方まで、的確なレッスンをする先生として評判です。

経験豊富なプロの目線からショットを見てもらい、ゴルフの技術を一段階向上してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ