柘植佳子はティーチングプロとして活躍している

柘植佳子プロは、2014年に日本女子プロゴルフ協会に入会し、ティーチングプロになりました。
トーナメントに出場するのではなく、指導という名目においてプロの技術を磨き、そしてゴルフにおける知識を十分に身につけ後輩や一般の人向けにレッスンをしています。
1974年に大阪府で生まれ、大阪府立泉佐野高等学校を卒業し、19歳のころからゴルフを続けていたのですが、40歳という節目にあわせるかのように、プロゴルフ入団を経て、プロとして活躍するようになったのです。

ティーチングですから、トーナメントに参加しないので主な戦歴などはありません。
現在は、アメリカンゴルフアカデミーに所属しており、契約している企業は特にありません。

スポーツ歴はバレーボールと軟式テニスをたしなんでいた過去もあり、運動神経は優れたものがあります。

レッスン情報としては、サクラゴルフガーデンでレッスンをしており、レッスン対象は一般のみになります。
形態としては個人でもスクールでも両方こなすことができます。

スポーツは自己流ではなかなか上達はしません。スイングは自分で生で見ることはできませんから、プロ目線でジャッジしてもらうことで不得意な部分を指導してもらうことができます。

スイングが安定してくると、スコアを伸ばすことができ、さらに楽しみが増します。
一般の人であろうとも、指導に手を抜くことはありませんから、参加者からの評判はとても良いです。

ゴルフの発展と普及に全力を尽くしていることが良く分かります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ